グレーゾーン金利

知っているようで知らない、グレーゾーン金利とは?

日本の法律で金利は利息制限法・出資法の2種類の上限金利が設定されています。

ちなみに、利息制限法の上限金利が15~20%、出資法の上限金利が29.2%です。

グレーゾーン金利とは、上記の二つの上限金利の間の金利のことを指しています。

一般的な貸付は、利息制限法の適用と思われますが、この法律には罰則規定がなく、出資法の上限金利の適用を前提とした貸金業者が大半です。

これにより貸付金利のダブルスタンダードとなり、事実上金利の高い方が採用されています。

しかし近年の貸金業改正法により、利息制限法の金利にすり合わせていく動きとなりそうです。

ただ、現在の貸金業者の審査は日々厳しくなっており、いわゆるヤミ金融に手を出す人も増える傾向が高まりそうです。

本当に、極めて難しい問題です。

トップへ戻る