保証人とは? 連帯保証人とは?

知っているようで知らない、保証人と連帯保証人の違い

保証人とは、お金を借りた本人が返済能力をなくした場合に、代わりに負債を返済する義務を負う人のことです。

連帯保証人とは、お金を借りた本人の返済能力がある・なし、に関わらず、いつでも返済する義務を負う人のことです。

つまり連帯保証人はお金を借りた本人と同等の返済義務を持っているということです。

お金を借りた本人の返済状況とは無関係に、いきなり連帯保証人から取り立てることが可能ということです。

とは言っても、実際は債務者が何らかの事情で払えなくなるまで、連帯保証人にいきなり返済を迫る例は少ないでしょう。

ただし、これからグレーゾーン金利関係で貸金業も非常に厳しい状態に置かれますので、ある日急に、返済を迫られるということもあり得ます。

できるだけ、保証人にはならないようにしましょう。

トップへ戻る