お金を借りる

お金を借りる

銀行からお金を借りる

銀行に定期預金がある場合は、定期預金の金利に若干の金利(0.5%前後)を上乗せをするだけで、定期預金金額の9割前後のお金を借りることができます。

郵便局も同様の条件で、ほとんどのところでお金を借りることが可能です。

金利の優遇、その他のメリット・デメリットを考えて、自分にあった金融機関から借りましょう。

保険を担保にお金を借りる

契約者貸付制度といい、 満期時に解約返戻金がある保険だとそれを担保にお金を借りることが可能です。

なんと返戻金の8割前後くらいのお金を借りることが可能です。契約者貸付制度での借り入れ金利は、だいたい4%くらいです。(貸付金額・利息は、契約条件によって大きく異なります)。

また、保険の種類(定期保険等)や加入後経過年数などの諸条件によって、利用できない場合もあります。

お勤めの会社からお金を借りる

それなりに知名度のある規模の会社であれば、社員融資制度があります。

社員融資制度がある会社のばあいは、会社からお金を借りることも可能です。金利なども一般的なキャッシングより低くなっていますので、借りる内容によっては会社に相談してみましょう。

ただ、お金の使途を明確にすることや、社内での噂など、多少のデメリットは覚悟する必要はあります。

トップへ戻る