貸金業登録

知っているようで知らない、貸金業登録とは?

貸金業は登録制の事業です。

財務大臣か都道府県知事への登録が必須となっています。

財務大臣か都道府県知事へ申請し、貸金業登録が行われると、貸金業登録番号が付与されます。

また貸金業登録番号をみると、その業者の営業年数も分かります。

登録番号の中に(1)という表記があれば、登録後まだ3年以内です。(2)という表記であれば、3年以上6年未満です。(3)であれば、6年以上9年未満。

上記のように、番号が増える度に、3年単位で登録後の年数が増えていきます。

つまりこの数値の大きい方が、歴史のある貸金業者といえます。

いずれにせよ、お金を借りる場合は、貸金業登録を行っているところで借りましょう。

トップへ戻る